歳を取ると首にニキビが!?デコルテケア必須!

ニキビ出はじめの頃って、どの辺にニキビができていたか覚えていますか?

だいたい中学生くらいの時だと思いますが。

オデコのあたりにニキビができる事が多かったんじゃないでしょうか。

オデコにできるので、女の子は前髪で隠したりしていました。

髪の毛が乱れると、慌てて前髪を整える姿をよく覚えています。

あの当時はニキビは一大事でしたね〜。

お化粧とかでごまかせないし!

今思えば可愛い限りですけど。

その代わり、デコルテケアなんかしなくても、ツルツルピカピカだったなぁ…。

それからほっぺのあたりとか。

それが、年齢が上がっていくとそのニキビのできる場所がどんどん下がって言って、20代には口周り、そして30、40歳頃になってくると、そのニキビが首のあたりに出てくるそうです。

私にも身に覚えがあります…首のニキビ。

首というよりほとんどアゴといっていいような場所にできました。

目立たないけど、結構痛みをともなったニキビなんですよ〜。

あまりに痛くて気になるので無理に潰したりするんですが、ただ血がでるだけだったり…。

それも、デコルテケアをおこたったことが一因でしょう!

首のニキビ対策のデコルテケアはお顔に対するケアと一緒で良いそうです。

顔以外にできるニキビは、顔のニキビと違いカビの一種のマラセチア菌が原因であるという考え方が一般的だそうですが、しかし首に関しては顔のUゾーンの延長であるという考え方が一般的だそうです。

ですので首にニキビができた場合は、顔にできた大人ニキビのケア同様乾燥を防いだり肌バリア機能低下を防ぐことが大事なようです。

乾燥を防ぐといえば、化粧水やクリームですよね。

顔には朝夕と毎日塗っています!

それを顔だけで留めず、首それから鎖骨周辺まで塗っていっちゃえばいいんですよね〜。

それってすごく簡単なことじゃないですか?

ちょっと手を動かす範囲を広げればいいだけですから!

それだけで立派なデコルテケア!

ニキビって潰してウミを出すって治療法もあるらしいんですよね。

絶対潰しちゃダメなもんだと思ってましたから意外でした。

というか、ちょっと嬉しかったんです。

なぜなら自分自身しょっちゅう潰してましたから。

しかし、自己流でやると大変なことになることもあるらしいので、ちゃんとお医者さんに相談した方がいいみたいです。

お医者さんでやってもらっても、人によって合う合わないがあうみたいですしね。

この投稿へのコメントの RSS フィード。


現在、コメントフォームは閉鎖中です。